1988 CAFE SHOZO カフェオレベース

1988 cafe shozo

1988 cafe shozoのカフェに行った際、せっかくだったのでカフェオレベースを購入。

カフェオレベースの量は275ml。

深煎りのコロンビアがベース。
4倍希釈で、牛乳や豆乳で割るだけで手軽にカフェオレが作れる。

子供も飲めるスッキリとした甘さに仕上げた加糖と、あまくない無糖の2種類。
基本的に無糖のカフェオレベースを買うことが多いけど、たまには甘いのもいいね。

 

バターのいとこ

カフェオレのお供は同じ栃木県那須にある「バターのいとこ」
ミルク感たっぷりのジャムをバター香るワッフル生地でサンドしたお菓子。

平日土日問わず午前中から品切れの商品も出てくる人気ぶり。
手に入って良かった、、。

バターのいとこの味は3種類

味は3種類で下から順にプレーン(ミルクジャム)・あんバター・カカオ。

プレーンはバターが香り立つゴーフル (ワッフル)生地の中に、無脂肪乳で作ったとろっと甘いミルクジャムが入っている。
なんと言っても、人気の理由は「ふわっ・シャリッ・とろっ」の3つの食感が楽しいお菓子。新食感。
1枚が薄いので軽い感じでイケるかと思ったら味はかなり濃厚。

品薄になるのも分かる美味しさ。
個人的には1番プレーンが好みかな。

 

あんバターは北海道・長沼産大納言小豆使用しており、素材そのものの美味しさと食感を生かした仕上がり。
スキムミルクを使用しているので、他にはない奥深い味わい。

カカオはグァテマラ産のカカオを使用してあり、チョコレートの甘さの中に果実味が感じられる不思議な味。

いとこのラスク

 

いとこのラスク。
バターのいとこのゴーフル(ワッフル)生地を成形するときにでる端っこをこんがりと焼き上げて作られている。

 

封を開けるとバターとシナモンのいい香りが。
サクッとした食感で1度食べるとやめられないとまらなくなる中毒性、、。

バターのいとこのカフェも紹介してるのよろしければそちらも覗いてみて下さい。