AEROPRESS

AEROPRESS (エアロプレス)

エアロプレスとは、抽出器具にコーヒー豆とお湯を注ぎ、攪拌して馴染ませたら、
空気圧を利用し注射器のように押し出して抽出する方法。

エスプレッソマシンまでの強い圧力はかけられないが、ハンドドリップやフレンチプレスより強い圧力をかけられ濃いコーヒーを抽出できるため、ラテやアメリカーノなども作ることができる。

今回はインバート方式での淹れ方を紹介していきたいと思います。

淹れ方の手順

レシピ
コーヒー豆:14g。中挽き~中細挽き
お湯:200g。温度:90℃ 抽出時間:2分程度

ペーパーをリンスする

蓋にフィルターをセットしたら、湯通しする。
この時、湯通しついでに一緒にカップも温める。
リンスする理由としては、ペーパー臭をとることと、
蓋と密着されるため。

プランジャーとチャンバーをセットする

下のプランジャーにチャンバーをセットする。
この時、注意して欲しいのがプランジャーの入りが浅いとプレスする際にちょっとでも力が斜めになると折れてしまって悲惨なことになるので注意。逆に深く入れてしまうと、お湯の入る量が少なくなってしまう。(通常のエアロプレスと比べてエアロプレスゴーはただでさえ入る量が少ない)

コーヒー豆とお湯を入れる

コーヒー豆を入れたら軽く振って粉を均一にする。
秤をリセット。
お湯を注ぎ出し始めたら、タイマーをスタート。
お湯を注ぐ際は偏りなく粉にお湯が掛かるように注ぐ。

コーヒーを攪拌する

コーヒー豆とお湯をしっかりと馴染ませるため、
5回ほど優しく混ぜる。強く混ぜてしまうとエグみがでてしまい味の質を落としてしまう。
混ぜ終わったら1分間待ち、最後に3回混ぜる。

フィルターをセットする

フィルターをセットした蓋を取り付ける。
スクリューロックになっている。しっかりロックする。

プレスする

攪拌が終わったら本体にコップをのせて、そのままひっくり返すか、本体をひっくり返してコップに素早く移動させる。
プレスする時は一定のスピードでゆっくり30秒ぐらいかけて抽出する。
プシューという音が鳴るまで押し続ける。
最後まで押し切らないのがポイント。
(雑味のない抽出ができる)

AeroPressの最新記事8件