ドリッパーの種類・特徴と選び方

ドリッパーによる味の違いについて

色んな種類のドリッパーがでていてどのドリッパーを使えばいいか迷う人も多いと思う。
同じ豆でも使うドリッパーによって抽出原理、淹れ方が若干変わってはくるので味の違いは出てくるとは思う。

これからコーヒーを家で淹れようとしている方や普段あまりコーヒを飲まない方にとって、
各ドリッパーで淹れたコーヒーを飲んでも味の違いが分かる人って少ないと思う。

だから最初は、このドリッパーで淹れると「すっきり」「マイルド」「バランスがいい」みたいな、ザックリでいいからどのような出来上がりになるのか、そして各ドリッパーの特徴を少しでも分かってもらえればなと思う。
もっと深めの味のコーヒーが飲みたいと思ったら、購入する時にいつもより焙煎度の高い豆を選んだり、挽き具合を調整したり、
お湯の温度、スピード加減で味を調整できるから。

色んなコーヒーショップがオリジナルで研究したドリッパーの紹介を全部してたら日が暮れてしまうので、
今回は有名どこのドリッパーを紹介していきたいと思います。

ドリッパーの大きな違いと役割

ドリッパーの種類形状穴の数リブ

カリタ式

台形型3つ(小さい)有 (ストレート)
カリタ式 (ウェーブ)台形型3つ(小さい)
メリタ式台形型1つ(小さい)有 (ストレート)
ハリオ式円錐形型1つ(大きい)有 (スパイラル)
コーノ式円錐形型1つ(大きい)有 (下のみ)
ケメックス円錐形型 (一体型)1つ(大きい)

各ドリッパーの特徴を説明する前に、ドリッパーの大きな違いを説明します。
大きく3つに分けると、形状と穴の数とリブ。

① 形状

ドリッパーの形は台形型と円錐形型の2つ。
台形と円錐形の違いとしては、お湯の流れ方が変わってくる。
円錐形はお湯を注ぐと中心に向かって一直線に落ちていくのに対し、台形は広範囲からコーヒーが抽出され、最下部が平行になっているため溜まりができ、コーヒー豆とお湯が触れ合っている時間が異なってくるため味も変わってくる。

② 穴の数

同じような条件でお湯を注いだ場合、1つ穴と3つ穴どちらが早く湯が落ちると思いますか?
もちろん後者ですね。3つ穴の方が早くお湯が落ちるということは、お湯がコーヒー豆と触れ合っている時間が短いため、その分薄めのコーヒーが出来上がるということ。

逆に、1つ穴の場合はお湯がコーヒー豆と触れ合っている時間が長いため、濃いめのコーヒーが出来上がるということ。

③ リブ

リブとはドリッパーの中にある溝のこと。
ペーパーとドリッパーの間に隙間を作り、お湯の流れを調節する役割がある。

材質によるメリットとデメリット

メリットデメリット
プラスチック値段が安い。
軽く、落としても割れにくい。
お湯の流れが見える。
劣化が早い。
ガラス・陶器保湿性がある。
傷や汚れに強い。
見た目がお洒落。
落とすと割れやすい。
金属製熱伝導が良いためお湯にさらせば、すぐに温まる。
見た目がお洒落。
耐久性がある。
値段が高め。

カリタ式

台形型で底面に3つの穴が一列に並んでいて、上部までリブがついているのが特徴。
注いだお湯が速やかに落ちるように設計されているため、豆に触れている時間が短く余計な雑味成分を抽出しにくくなるおかげで、
スッキリ・あっさりとしたコーヒーを抽出できる。

カリタ式(ウェーブ)

ウェーブドリッパーの特徴としては、3つの穴は同じものの形が少し変わってくる。
ウェーブゾーンと呼ばれる底面が平らの形状になっているので豆と均一に馴染みやすく、かたよってお湯を注いだり、お湯を注ぐスピードなどにブレがあっても、安定した味を抽出できる。
また、リブがなく、代わりにペーパーフィルターの方に20個のウェーブがついており、ドリッパーとの接触面を少なくすることによって抽出時間も早く、ウェーブフィルターがコーヒーの雑味をうまく吸着して美味しいコーヒーが出来る。

メリタ式

台形型で底の中央に小さな穴が1つあるのが特徴。
抽出口が「1つ穴」方式なので正確な時間で抽出されるように計算され、一度に給湯できるので、他のドリッパーみたいに何回かに分けてお湯を注ぐ必要はない。
豆の量とお湯の温度はコーヒーを淹れる人の好みで調整し、湯量と時間はドリッパーがコントロールするので、毎回変わらぬ美味しいコーヒーを淹れることができる。
コーヒーにあまり時間をかけたくない方や、初心者にも失敗しにくいドリッパー。

メリタ式には上で紹介したドリッパーの他に、「アロマドリッパー」というドリッパーも開発されていて、
穴の位置が少し高く、注いだお湯が底で一旦留まる構造になっている為、しっかり蒸らしができ、より深いアロマを
引き出すことができるドリッパーもある。(上の画像にアロマドリッパーはありません)

ハリオ式

大きな1つ穴の円錐形に「スパイラルリブ」と呼ばれる螺旋状のリブが特徴。
このスパイラルリブ、底面を大きな1つ穴にしたことにより、ドリッパーとペーパーとの密着、お湯がドリッパー内に長く滞留することを防ぎ、コーヒー豆を効果的に膨らませ全面から透過する為、豆そのものの成分が出てきて豆本来の味わいになる。
また、早く注げばあっさりとした味わいに、ゆっくり注げばコク深い味わいに、抽出のスピードでコーヒーの味を自分好みに調整できるのも、ハリオ式の楽しさの1つ。

ちなみに普段自分はこのハリオのV60の金属製のドリッパーを使用することが多い。
軽くて耐久性の高い金属製のドリッパーは、素材として熱伝導率が良く、抽出時に温まるのが早いので、
ドリップがスムーズに行える。

コーノ式

大きな1つ穴の円錐形に下方のみに縦型のリブがついているのが特徴。
上のHARIO式と見た目はあまり変わりないが、中を見ると全く異なるのが分かる。
リブがない上部とリブがある下部2重構造になっているのが分かる。これはお湯を注ぎ、上部に浮かせたアクや雑味が出ないように、ペーパーフィルターを密着させるための上部と、美味しい成分だけを促すために分けられている。

ケメックス

ドリッパーとサーバーが一体型になった特徴的なフォルムが印象的。
部屋のどこにでも溶け込むデザインで、インテリアの一部としてディスプレイしたくなる。
ニューヨーク近代美術館の永久展示品にも選ばれており、世界中の多くの人々を魅了し続けている。

ケメックスは見ての通り、リブがないので湯の抜けが遅くじっくりと抽出されるため、風味豊かな仕上がりなる。
またケメックスで使用するフィルターは通常のフィルターの20~30%強い強度を持っており、余分な酸味・脂肪分を適度に取り除き、 コーヒーの豊かな旨みを引き出すことができる。

持ち手は温もりのあるウッドクリップを革紐で巻きつけるタイプとガラスハンドルがある。
ウッドクリップは取り外しもできるので、水洗いも問題ない。
ラインナップは3カップと6カップ用の2種類で、大人数の際もたっぷりとコーヒーを淹れられるし、デキャンタとしても使用できるので様々なシーンで活躍しそう。