挽き方

挽き方による味の違い

挽いた粉の粒の大きさのことを「メッシュ」という。
メッシュは基本的に細かくなればなるほどコーヒーの成分が溶け出しやすくなるため、味は濃くなり(苦味が強い)、粗いほど薄くなる(酸味が強い)。

なので、細挽きで適さない器具で抽出すると苦味ばかりの重みのあるコーヒー、
逆に、粗挽きで細挽きに合う器具で抽出すると風味の薄いコーヒーになってしまう。

あくまで今は挽き方による味の違いについてなので、焙煎度、お湯の温度、抽出時間などは抜きにして話しています。

挽き目によって味が変わることは理解したところで、次は挽く際のポイント3つお話しします。

① 抽出器具に適した挽き方

粗挽き
メッシュはザラメ糖サイズ。
粗いので、コーヒーの成分が溶け出しにくいので、お湯に粉を浸漬させる淹れ方と相性が良い。酸味系やあっさりしたコーヒーに適している。

適した器具

ネルドリップ・パーコレーター・フレンチプレス
中挽き
メッシュはザラメとグラニュー糖の中間ぐらい。
粗挽きと中挽きの中間の「中粗挽き」もよく使われる。幅広く使えるスタンダード。

適した器具
ペーパードリップ・ネルドリップ・サイフォン・コーヒーメーカー・水出し
細挽き
メッシュはグラニュー糖くらい。
表面積が大きく、苦味を楽しむコーヒーに適している。

適した器具
ペーパードリップ・サイフォン・マキネッタ・水出し
極細挽き
最も細かい粒度でパウダー状。
細かいので、コーヒーの成分が溶け出しやすくなるため、強い苦味が魅力のエスプレッソに使用される。

適した器具
エスプレッソマシン

② コーヒーの質を落としてしまう「微分」

豆を挽くときに出る微分。どのミルを使っても微分は発生するもの。
この微分が多いと、渋みエグみが出てしまう。
ミルの刃をこまめに掃除したり微分を取り除くふるいなども売っているので、微分を取り除くのも
美味しいコーヒーを淹れるポイントです。
ちなみに自分は高いコーヒー豆を使うときに使用しています。毎回は手間なので…。

③ 香りの大敵である「熱」をできるだけ避ける

手動・電動ミルともに注意しなければならないのが
特に電動ミルは、高速で刃が回転するので摩擦により豆が加熱されてしまい、香りが飛んでしまう
っかと言って、電動ミルを手放すのは惜しいので、使用時に5秒回転させたら手で器具を振って熱を散らし、
これを5回ぐらい繰り返せば熱を抑えられる。

自分もやって見たけど、正直なところよく味の違いが分からなかったので、
もっと味を追求したい人はやってみて下さい。

あと最後に、挽き豆は酸化しやすく風味が悪くなってしまうので、飲むときに必要な分だけ挽くことをおすすめします!
安い手動ミルでもいいので用意ください!

関連記事

コーヒーミル (グラインダー)について大きく分けると手動式タイプと電動式タイプがあり、そこから刃の形状だったり刃の材質が違うものと種類は様々。コーヒーミルを選ぶ際のポイント① 豆の粒度(メッシュ)が均一に挽けるか大き[…]