Paper Drip

Paper Drip

ペーパードリップとは (ハンドドリップ)、ドリッパーの上にフィルターとコーヒー豆をセットし、
お湯を通して抽出する方法。

手入れが簡単で手軽なイメージが強い器具だけど、実は結構奥の深いコーヒー器具。
同じコーヒー豆を使い、同じように淹れてもドリッパーによって味が若干異なったり、
注湯の加減一つで仕上がりが変わってくる。

そしてコーヒーの完璧なレシピというのはない。
美味しいコーヒーは人によって違うため、店によってコーヒー豆と湯量も異なってくる。
ここでは普段自分が淹れているレシピを紹介していきたいと思います。

淹れ方の手順

レシピ
コーヒー豆:15g。中挽き~中細挽き
お湯:230g。温度:87~95℃ (あっさり気分な時は低め、濃いめの気分な時は高くする)

① サーバーとカップを湯通しをして温める

ペーパーフィルターをセットし、サーバーとカップを温めている間に、コーヒー豆を挽く。
この時、ペーパーフィルターも一緒に湯通し(リンス)をするかは任せます。
所説ありますが、ペーパーフィルターに含まれる「臭い」を落とすという意味合いがあり、リンスをすることによって味が変わる、スッキリした味わいになるなど、リンスするかしないかは人それぞれのようです。

② 1湯目を注ぐ

豆を入れたらドリッパーを軽く揺すって豆の上面を水平にする。
お湯を注ぐと同時にタイマーをスタート。
中心から「の」の字を描くように円を描くイメージで全体に浸るぐらいゆっくりと注ぐ
この時、お湯の重量
に対して20%注ぐ。
(例えば、お湯100
gだったら20g注ぐイメージ)

③ 蒸らす

一旦ポットを置き30秒〜1分ほど蒸らす。
蒸らしとは成分を十分に引き出すための大切な工程。

④ 2~3湯目を注ぐ

蒸らしが終わったら、1湯目と同じように中心から円を描くように注ぐ。
2湯目もお湯の重量に対して20%注ぐ。

湯量が下がってきたら、最後の3湯目を注ぎ、お湯の重量に対して60%注ぐ。大体、抽出時間は2分30秒〜3分が目安。

⑥ ドリッパーを外し、カップへ注ぐ。

注いだお湯を全て落ち切るのを確認したら、ドリッパーをサーバーから外し、カップへ注いだら完成。
コーヒーショップのレシピが知りたい人は下で紹介しています↓
関連記事

CAFE FUZINUMAhttp://cafefujinuma.com豆グラム数:14gトータル湯量:240g湯温:92℃抽出時間:2分40秒挽き目:中粗挽き・1投目10[…]