焙煎

焙煎とは

コーヒーの味を左右する大事な工程といえば焙煎。
元々コーヒー豆は、「生豆」と呼ばれる緑がかった色で、そこから生の豆を燻る「焙煎 (ロースト)」と
呼ばれる工程を経る。焙煎をすることによって、生豆に含まれた水分を飛ばし、苦味、酸味、甘み、香りが生まれ、初めて口に出来るコーヒー豆が出来上がる。
よく自家焙煎珈琲というのを耳にすると思うけど、それは自分のお店の焙煎機で焙煎をやっているお店のこと。

焙煎度の種類

焙煎度とは、どれだけ加熱したかの度合を表す言葉で、「浅煎り」「中煎り」「深煎り」といった呼ばれ方をされていて、更に細分化すると下のような8段階の焙煎度で表される。

浅煎り

ライトロースト
最も浅い焙煎。酸味が強く、苦味は全く感じられない。
この状態ではほぼ飲まない。

 

シナモンロースト
まだ苦味はあまり感じられず、良質な酸味を持つ豆なら、しっかり特徴を感じられる焙煎度。

中煎り

ミディアムロースト
比較的よく目にする茶色。
軽い苦味と酸味が中心のライトな口当たり。

 

ハイロースト
酸味と苦味のバランスがとれていて、一般的によく飲まれる市販のレギュラーコーヒーはこのハイロースト。

中深煎り

シティロースト
ハイローストより酸味は抑え気味になり、コクを感じられるようになる。
シティローストもよく飲まれる。
フルシティロースト
酸味が少なく苦味が強め。
エスプレッソ用は深煎りが中心だったが、最近ではシティ〜フルシティも多くなってきている。
深煎り
フレンチロースト
表面にツヤがでてきて黒っぽくなる。
苦味とコクが強調され、ウィンナーコーヒーやミルクとの相性が良い。
イタリアンロースト
最も深い焙煎度。酸味はほとんどなく、強い苦味、焦げた香味も加わる。
エスプレッソやカプチーノに使われる。
同じ豆で比べた場合、一般的に焙煎が浅いほど酸味が強く深いほど苦味が強くなる。

つまり焙煎度によって、コーヒーの味わいが変わってくるということ。
また、豆の種類によって焙煎度は異なり、浅煎りで魅力が際立つもの、深煎りで魅力が発揮するものというようにコーヒー豆それぞれに個性がある。焙煎に厳密なルールはなく、焙煎士が味と加減を確かめながら何回も微調整し、理想の味に近づける。そのため店によって、同じ豆であっても味に違いがある。

大体のコーヒースタンドでは、ロースト名ではなく「浅・中・深煎り」で販売している。
店によって同じ呼び方でも多少煎り具合が違ったりすることもある (例えば、ある店の中煎りが、他の店では深煎りになっている)ので、初めての店で購入する際は、店員さんに自分の好みを伝えるのも良い。

自宅でも焙煎は可能

自宅で焙煎と聞くと敷居が高いイメージがあるが、身近なもので焙煎は焙煎機がなくてもできる。
初期投資がかからないため誰でも気軽に始めることができ、焙煎直後の豆を味わってみたり、自分の好きな味に調整できるという楽しみもありますが、難易度が高く大変なので慣れるのに時間がかるかも。

生豆の通販サイトや焙煎方法のサイトもあるので、コーヒーにこだわりを持っている方や興味がある方は、
是非試してみてはいかがでしょうか?

roastの最新記事8件