コーヒーミルの種類・特徴と選び方

コーヒーミル (グラインダー)について

大きく分けると手動式タイプと電動式タイプがあり、そこから刃の形状だったり刃の材質が違うものと種類は様々。

コーヒーミルを選ぶ際のポイント

豆の粒度(メッシュ)が均一に挽けるか
大きい粒子だと抽出不足、小さい粒子だと過抽出になってしまい、メッシュがバラついていると味にムラがでてしまい、美味しいコーヒーを淹れることが難しくなる。
また、微分と呼ばれる小さい粉が多いと、渋みやエグみが抽出されやすくなってしまい、味のバランスが悪くなってしまうので、できるだけ微分は少ない方が良い。(自分はそこまで気にならない…)

スピード
高速で挽くことにより、摩擦熱が加わってしまうと香りや風味を損なってしまうと言われている。
最近は摩擦熱を抑えるため、ゆっくり挽けるミルも増えてきている。
また、忙しい朝などは素早く挽けるミルがいい。

掃除のしやすさ
1日にコーヒーを淹れる回数にもよるが、前回挽いた豆をそのままにしてしまうと酸化してしまい、その粉が一緒に混じってしまうと味が落ちてしまう。
自分みたいな面倒くさがりやは手入れが楽な方がいい。

用途に合ったミルを選ぶ
例えば、アウトドア用で使いたい人が高額な良いミルを買ったが、持ち運びしづらいミルだったら意味がないです。(まぁこんな人はいないと思いますが)
自分がどんな時にミルを使用したいか、用途に合ったミルを選ぼう。

手動式

手動式は名前の通り、自分の手でコーヒー豆を挽くタイプ。

メリット
・豆を挽いてる時の音や時間、雰囲気を楽しめる
・そこまでサイズが大きくないため、場所を選ばない
・持ち運びができる
・電源や電池を必要としない
・インテリアにもなる
・物によるが丸洗いできるため衛生的に良い
・電動と比べ熱が加わらないため、香りが逃げていかない

デメリット
・一度に挽ける量が少ない
・時間がかかる
・力がいる
・物によるが粗さ調整に多少時間がかかる

 

手動式の価格帯
・安いものは2000円ほどから購入できるが、高価な物は4万ほどする物もある。

電動式

自動で豆を挽いてくれるタイプ。

メリット
・楽で早い
・一度に挽ける量が多い
・粗さ調整が容易

デメリット
・挽いてる時の音が大きい
・サイズも大きく、電源も必要なので場所を選ぶ
・性能が良いミルはお値段が張る
・ミルによるが掃除が大変
・高速で挽くと摩擦熱が豆に加わってしまい、香りを逃しやすくなってしまう。

電動式の価格帯
・安いもので4000円ぐらいから購入できるが、価格の幅が広く、5万以上するのもザラにある。

刃の材質の違い (セラミック製・金属製)

セラミック製

メリット
・水洗いができ、錆びる心配がない
・丸洗いできるため掃除が楽
・熱伝導性が低いため、香りを逃しにくい
デメリット
・金属製と比べて切れ味が劣る

金属製

基本的にセラミック製のメリット・デメリットが逆になった感じ。

メリット
・切れ味が良い
デメリット
・手入れが大変
・静電気が発生しやすく、粉が付着する量が多くなる
・熱伝導性が高いため、香りを逃しやすくなってしまう
・長い間使用していると、耐用性が低下する(刃こぼれ等)

一見セラミック製の刃の方が良さそうに見えるけど、静電気除去機能や熱を伝わりにくく工夫されているミルも最近はでてるので金属製でも大丈夫。

刃の形状の違い (プロペラ式・コニカル式・カット式)

プロペラ式 (別名:ブレードカッター式)

プロペラの刃を高速回転させることでコーヒー豆を粉砕する。
プロペラ式は手動式ミルにはなく、電動式のミルの中では一番安価だが、粒の均一度に欠けるので雑味の原因となる微粉が発生しやすい
あまりお金をかけたくない、まだミルを1台も持ってないから、とりあえず欲しい人は買ってもいいと思いますが、美味しいコーヒーを追求する方にはあまりおすすめはしません。

コニカル式 (別名:コーン式)

臼式と呼ばれる構造の1つで、2枚の刃を使用しており、片方の刃が円錐状になっていて、それを囲む外刃の間にコーヒー豆が通過して粉砕する。
この隙間を調整することで、メッシュ (挽き具合)を調整できる。
コニカル式の刃は回転数が遅いため、カット式に比べるとコーヒー豆を挽くのに少々時間がかかるが、極細挽きにも対応しており、エスプレッソ用にも豆を挽けます。
手動式と電動式ミル両方に採用されている。

カット式 (別名:フラット・グラインド式)

グラインド式
カット式
コニカル式同様、臼式と呼ばれる構造の1つで、2枚の刃を使用しており、上下に重なり合った平たい刃がコーヒー豆を粉砕する。
刃の形状によって、すり潰して豆を粉砕するタイプ (グラインド式)と、スライスされるように粉砕するタイプ (カット式)に分けられる。
グラインド式はカット式に比べ、粒の均一度は良いものの、すり潰しているので熱が発生しやすい
家庭用の中〜高価な電動ミルによく採用されている。